Geometric Modeling for Industrial Applications - Suzuki and Ohtake Lab.

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

アクティビティのアーカイブ

2020年3月 <祝>修了・卒業

本日、修士8名と学部生4名がめでたく修了・卒業となりました。新型肺炎の影響で、研究室での学位記の授与となりました。皆さん、おめでとうございます。 修士修了生 学部卒業生

東京大学&ベーカーヒューズ 産業用CT共同技術セミナー開催

2020年2月21日に、大竹准教授が中心となったセミナーが開催されました。東大内で、本研究室のCT装置を研究に利用されている先生方からも興味深い発表があり、盛況に開催されました。<プログラム>1.オープニング  秋光信佳@東京大学2.

ICT 2019 で長井先生と伊藤君が論文発表

産業用X線CTの学術会議である ICT (International Conference on INDUSTRIAL COMPUTED TOMOGRAPHY) が2019年2月13日~15日にイタリアのパドバ市で開催され、元研究室助教の長

ACDDE2018 国際会議で発表

沖縄の残波岬で開催されたACDDE2018国際会議(2018年11月1日から3日)にて、研究室のメンバーの Ting Hao Li君、鈴木晋太郎君、土居悠輝君と、元メンバーの武田博樹君が発表しました。大きな会議ではありませんが、国際会議での

Fraunfoher EZRT Salamonさん来る

ドイツFraunfoher EZRT研究所の Salamonさんが研究室に来られました。彼は、自動車を丸ごとスキャンできる XXL-CT という超大型のCT装置の開発者です。 今回は、鈴木教授が委員長として進めている日本版の超大型XCTの

長井助教が首都大学東京へ転任

研究室の長井超慧さんが、10月1日付けで首都大学東京の准教授として転任することになりました。 長井さんは、当研究室の博士課程修了生でもありましたが、この4年半は助教として、研究や学生の指導、講義の補助、そして色々な雑用まで担当していただき

精密工学会秋季大会で発表しました

    2018年9月5日,北海道の函館で開催された 2018年度精密工学会秋季大会 にて,修士2年の伊藤翼君,高橋諒君の両名がポスター発表を行いました. 伊藤君の発表内容は少数の投影像からCT再構成を行わずに物体の計測を

オープンキャンパス

今年のオープンキャンパスでは、鈴木教授の母校の山形県立山形東高等学校の生徒さん達が研究室見学に来ました。工学部志望の生徒だけではないということでしたが、大竹先生のプレゼンには興味をもっていただけたようです。

テクノエッジ2018に出展しました

8月7~9日、工学部学生団体 丁友会主催のテクノエッジ2018が開催され、当研究室は「3Dスキャン・3Dプリントのための形状モデリング技術」という企画で出展しました(8月9日のみの出展、事前予約制)。 当研究室の研究成果の3