Geometric Modeling for Industrial Applications - Suzuki and Ohtake Lab.

  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

Suzuki and Ohtake Lab.

Welcome!

東京大学・精密工学専攻・形状モデリング工学研究室では、3D技術をベースとして、その産業応用などの様々な研究開発を行っています。


新着情報

i3CDE 2019で譚君とYang君が論文発表

i3CDE 2019(International Congress and Conferences on Computational Design and Engineering) が、7月7日から10日に、マレーシアのペナンで開催され、修士2年の譚英麒君とYANG Yifan君が論文発表しました。 YANG君の論文は Best Paper Award を受賞しました。 ...

大竹准教授がDIR2019で発表

2019年7月2日から4日まで、ドイツのFuerth市で開催された DIR 2019 (International Symposium on Digital Industrial Radiology and Computed Tomography) で論文発表しました。産業用X線CT技術に関する国際会議で、今回は、ドイツの同技術の総本山 EZRT 研究所で開催され、最先端で研究する研究者が一堂に...

新歓コンパ

新歓コンパを行いました。新しいメンバーが増えて、また新年度のスタートです。...

谷田川達也、助教着任のご挨拶

4月1日付けで鈴木・大竹研究室の助教に着任いたしました谷田川達也です。昨年までは早稲田大学にて博士研究員をしており、そこでは高品質なCG映像生成のために実物体から物理量を測定・推定する研究をしていました。今後は精密工学科という地の利を活かして、より忠実に実世界をデジタル化する技術を研究していきたいと思っています。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。...

2019年修了式・卒業式

今年は、研究室から、学部生6名、修士院生4名が無事卒業しました。写真は、修士院生のもので、左端は鈴木教授で、その隣から修士院生の内山健君、髙橋諒君、坂部直哉君、伊藤翼君です。右端は、大竹准教授です。これからの活躍を期待してます!...

精密工学会の春の講演会で発表

東京電機大学(東京都千住)で開催された精密工学会の春の講演会(2019年3月13日から3日)で、研究室のメンバーの 譚英麒君、楊一凡君、伊東寿将君と、昨年9月まで助教だった長井超慧先生(首都大学東京・准教授)が発表しました。大竹准教授は、セッションのオーガナイザーを担当されました。(鈴木)...

ICT 2019 で長井先生と伊藤君が論文発表

産業用X線CTの学術会議である ICT (International Conference on INDUSTRIAL COMPUTED TOMOGRAPHY) が2019年2月13日~15日にイタリアのパドバ市で開催され、元研究室助教の長井超慧先生(首都大学東京准教授)と修士の伊藤翼君が論文発表(regular)しました。分野の盛り上がりを受け、今回は過去最大の会議となりました。鈴木教授は、Sc...

中国・浙江大学・機械工学科・博士課程院生の皆さんの見学

2018年12月19日に、中国浙江大学機械工学科の博士課程の学生10名が、Gu先生の引率で、精密工学専攻を訪問されました。本研究室の中国人留学生とも交流をしてもらいました。浙江大学とは、これからも交流を行っていきたいと考えています。...

ACDDE2018 国際会議で発表

沖縄の残波岬で開催されたACDDE2018国際会議(2018年11月1日から3日)にて、研究室のメンバーの Ting Hao Li君、鈴木晋太郎君、土居悠輝君と、元メンバーの武田博樹君が発表しました。大きな会議ではありませんが、国際会議での発表を経験し、良い刺激になったのではないかと思います。大竹准教授は、プログラム副委員長として活躍されました。(鈴木)...

一覧を見る